火災保険の見直しを

公開日:

カテゴリー: 不動産豆知識


こんにちは。寺坂です。

最近異常気象なのか台風が多いです。

その台風での風災被害、落雷被害なども多数報告が来ています。

弊社で仲介させていただいたお客様には水害、風災保証付きの火災保険を勧めています。

このたび売却のお客様に起こった問題がありました。

購入するお客様の火災保険は注意していたのですが、売却されるお客様の火災保険は気にしていませんでした。

不動産売買をする場合、契約から引き渡しまで1か月から2か月の期間があります。

契約後引っ越しの準備や購入者様の融資の準備などでそのくらいの期間は必要です。

契約から引き渡しまでの間に災害などで破損した場合、売主の責任と負担にて修復して引き渡す決まりがあります。

今回契約から引き渡しまでの間に台風がきてアンテナが破損してしまいました。

売主様が風災担保の保険なら問題ないのですが不担保の保険の場合は自費になってしまいます。

売主様に「引き渡しまでは火災保険を切らないでください」

これは必ず言います。購入者様に風災、水害担保の保険、地震保険も勧めます。

売主様の火災保険の内容まで確認していませんでした。

次回からは確認するよう営業マン全員に徹底します。