掛川市内 不動産売却査定

公開日:

カテゴリー: 不動産豆知識


こんにちは 寺坂です。

昨日 掛川市の旧大須賀地区で住宅の売却査定がありました。

不動産の売却は大きく分けて2パターンです。

1つは不動産の買い取りを希望される方。

2つ目は不動産の売却で仲介を希望される方。

買い取りと仲介の違いは価格と時間です。

例えば1500万円が適正価格とすると

仲介の場合は売れた金額から 仲介料3パーセント+6万に消費税の費用を差し引いた金額。

買い取りの場合は通常価格の7割とか6割とかが買い取り価格です。

ただお客様の状況でいつ売れるかわからない状況より

すぐに業者が買い取って現金化するほうが良いと買い取りを希望される方もいます。

今回の物件は買い取りの場合、流通性事情を考えると6割でも厳しいかもしれません。

どちらにせよお客様には納得のいく説明をしてご提案をしていきたいと思います。

弊社はほとんどが仲介での売却となりますが状況次第での買い取りもしています。